CALNEO Goの使用経験と有用性

category:要旨
2014.11.05

CALNEO Goの使用経験と有用性
公益社団法人北海道勤労者医療協会勤医協中央病院放射線部
澤田真吾

 富士フイルム社製「CALNEO Go」はFPD搭載コンソール内蔵型のポータブルX線装置であり、かつ院内LANと
無線接続できるという特徴をもっている。今回この装置を導入したことにより従来使用していたCRシステムのポ
ータブル装置と比較して働き方が飛躍的に変貌し、われわれ診療放射線技師のみならず他の医療スタッフにも影
響を与える結果となったのでその詳細を報告する。また、新しい画像処理ソフト“Virtual Grid”も先行導入したの
で、その使用経験も合わせて紹介する。

 ”CALNEO Go” by FUJIFILM Corporation is a FPD loading console built-in portable X-ray equipment,
and it has the feature that wireless connection can be carried out with LAN of the hospital. How to
work as compared with the conventional portable X-ray equipment which uses CR system used from
the former changed by leaps and bounds, and since it resulted in affecting us not only the radiological
technologists but other medical staffs, by having introduced this equipment this time reports those
details. Moreover, since new image-processing software “Virtual Grid” carried out precedence
introduction, the use experience is also introduced.

2014年11月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る