富士フイルム、病室や救急での撮影で、グリッドを使わずに高コントラスト画像を実現する新画像処理ソフトウェア「Virtual Grid」の提供開始

2014.04.08

  富士フイルム(株)は、病室や救急などでのX線撮影の際に、グリッドを使わなくても、画像のコントラストを高めることができる新画像処理ソフトウェア「Virtual Grid(バーチャルグリッド)」を、富士フイルムメディカル(株)を通じて、平成26年5月20日より提供を始める。同ソフトウェアは、デジタルX線画像診断システム「FUJIFILM DR CALNEO Cシリーズ」の画像処理ユニット「Console Advance」上で使用することができる。
 X線撮影では、X線画像の画質低下につながる散乱線を除去し、画像のコントラストを高める金属製フィルター「グリッド」を一般的に使用する。グリッドは、患者や撮影状態により画像ムラが生じやすく、また撮影条件に応じて種類を変える必要がある。そのため、病棟内のベッド、車椅子、救急での撮影においては、グリッドを使用せず、画像のコントラストが低くなることがあった。また、X線撮影を行う放射線技師は、複数枚のグリッドを持ち運ばなければならなかった。
 同ソフトウェアは、X線とデジタル画像に対する解析技術を組み合わせることで、散乱線成分を高速かつ忠実に再現する独自の「散乱線推定技術」を用いている。この技術により、撮影画像から推定された散乱線成分を、元の撮影画像から除去することで、散乱線により低下した画像のコントラストを高めることができる。さらに、同ソフトウェアはグリッドの種類を変えた場合と同じように、画像のコントラストを調整することができ、また複数枚のグリッドの持ち運びや入れ替えが不要なので、作業性の向上を実現。
 同ソフトウェアは、さまざまなX線装置との組合せが可能な同社の「CALNEO Cシリーズ」で使うことができるので、現在お使いのポータブル撮影装置などでも利用することができる。
なお同社は、4月11日からパシフィコ横浜にて開催される「2014国際医用画像総合展(ITEM2014)」にて本画像処理技術を展示する。

1. 発売日
平成26年5月20日

2. 品名
「Virtual Grid」

3. 特長
(1) 散乱線により低下した画像のコントラストを高める
撮影条件(X線の強さ、量など)や撮影部位、被験者の体格などさまざまな要因の影響を受ける散乱線成分を高速かつ忠実に再現する「散乱線推定技術」を開発。画像ごとにコントラストを自動で調整する。

撮影画像から推定された散乱線成分を、元の撮影画像から除去することで、散乱線により低下した画像のコントラストを高めることができる。
 

(2) デジタルX線画像診断システム「CALNEO Cシリーズ」との組み合わせが可能
「Virtual Grid」は、「CALNEO Cシリーズ」の画像処理ユニット「Console Advance」に搭載される。「CALNEO Cシリーズ」で撮影し、「Console Advance」に送られてきた画像に「Virtual Grid」を適用する。

(3) グリッド比に相当するパラメータで、コントラストを調整可能
「Virtual Grid」はグリッドの種類を変えた場合と同じように、画像のコントラストを調整することができる。

 

4. 対応機種
デジタルX線画像診断システム「FUJIFILM DR CALNEO Cシリーズ」

●お問い合わせ
富士フイルムメディカル(株)
営業本部 マーケティング部
TEL:03-6419-8033
URL:http://fujifilm.jp/business/medical/

このページの先頭へ戻る