病棟回診システム「AeroDR」の無線運用と「AeroDR PREMIUM」の有用性

category:要旨
2014.11.05

病棟回診システム「AeroDR」の無線運用と「AeroDR PREMIUM」の有用性
東海大学医学部付属八王子病院診療技術部放射線技術科
中村瑞穂

 当院では2012年12月にコニカミノルタ社製の間接変換型FPDシステムである「AeroDR」を導入した。これに
より病棟回診システムは、院内の無線LANを使用する事でリアルタイムなオーダー連携および画像の送信を可能
とした。本稿では、病棟回診システムに無線を取り入れた事による利点と、今回試験的に導入した「AeroDR
PREMIUM」の有用性も含めて報告する。

 I introduced “AeroDR” which was an indirect conversion type FPD system made in Konica Minolta
Corporation in our Hospital in December, 2012. The ward rounds system in this way enabled the
transmission of the order cooperation that was real time and the image in a thing using the in-hospital
wireless LAN. In this report, I report including the advantage by having taken in radio in rounds system
and usefulness of AeroDR PREMIUM which I introduced experimentally this time.

2014年11月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る