マンモグラフィ検診報告のペーパーレス化

category:要旨
2014.06.30

マンモグラフィ検診報告のペーパーレス化

*1 イリモトメディカル
*2 国際医療福祉大学三田病院放射線診断センター
煎本正博*1、奥田逸子*2

 マンモグラフィ検診のデジタル化は急速に普及しているが、対策型検診はその事業形態が複雑であるために、報告書のデジタル化は進まず、いぜんとして紙の報告書が用いられている。紙の報告書は効率が悪く、受診者の取り違えの危険性もあり、デジタル化・ペーパレス化が望まれる。報告書のペーパレス化は遠隔読影を可能にし、読影医不足の解消に有効である。また、結果の全国集計も可能で、全国的な精度管理・向上に有用であると考えられる。

 Digital screening mammography has been spreading quickly in Japan. However, paper-report is still using for reporting of screening result. Moreover this paper-report format is not standardized and is created by individual institution. For radiologist reading screening mammography, the report which is not standardized is troublesome and danger. Developing standardized paperless reporting system is necessary for spreading digital screening mammography in Japan.

2014年7月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る