最新MRIのトレンド ~肝臓MRIを中心に~

category:要旨
2014.03.26

最新MRIのトレンド ~肝臓MRIを中心に~
国家公務員共済組合連合会虎の門病院 放射線部肝臓内科 高橋順士ほか

 肝細胞癌のスクリーニングやフォローアップ検査としてMR検査は重要な検査法の1つである。MR装置では、ハードウ
エアの改良、造影剤の開発やパルスシークエンスの進歩が目覚しく、様々な部位に応用され、検査方法も多岐にわたるよ
うになった。本稿では、当院でのMR導入から現在までを振り返り、肝臓MRI検査について今後の動向について解説する。

 MR imaging is well recognized as one of the most sensitive methods for detecting hepatocellular
carcinoma (HCC). On contrast enhanced MRI of the liver, extracellular,
superparamagnetic iron oxide and hepatocyte-specific gadolinium agents are currently available.
Gd-EOB-DTPA is one of the useful hepatocyte-specific gadolinium agents, because of T1-weighted
dynamic study and hepatocyte specific information. Diffusion- weighted images and T2-weighted
images are helpful to detecting lesions and differentiating benign or malignant. Many forms of
liver fibrosis and cirrhosis especially secondary to viral hepatitis increase the risk for the
development of HCC. Thus, it is important to detect those at early stage.

2014年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る