腹部領域における3次元超音波検査の有用性

category:要旨
2013.11.26

塚田幾太郎(杏林大学第三内科)ほか

 腹部超音波検査においては、2次元画像よりも3次元画像の方が術者および第三者にとっても客観的にイメージを把握できるという利点があるのではないか。消化器領域におけるMulti Planar reconstruction(MPR)、Multi View、Inversion、Fly Thruの各表示法、およびSonazoidを用いた3次元超音波検査の有用性について検討した。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る