Aquarius iNtuition Serverを中心とした画像診断センターにおけるCTコロノグラフィの業務ワークフロー

category:要旨
2013.06.25

Aquarius iNtuition Serverを中心とした画像診断センターにおけるCTコロノグラフィの業務ワークフロー

宇都宮セントラルクリニック
小屋 匠、 岡本潤一、 斎藤順一

 宇都宮セントラルクリニックでは2006年頃よりCTC検査を実施しており、2012年9月にエーザイの自動注入器(プロトCO2L)を導入し、現在では診療科からのオーダーの他に人間ドックの予後検査やスクリーニングに活用している。
 当院では2012年にAquarius iNtuition Server(以下、AQiサーバ)を導入し、CTC検査をはじめとした各種画像診断のツールとして活用している。
 本稿では、当院における業務ワークフローを紹介する。

RadFan2013年7月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る