Ingenia 3.0Tにおける 体幹部検査について

category:要旨
2013.04.26

Ingenia 3.0Tにおける 体幹部検査について
熊本中央病院
野田誠一郎
 
 平成24年5月に装置更新に伴いIngenia3.0Tが稼動し始めて1年が経過した。この装置はMulti-transmit技術により従来の3.0T-MRIの弱点であるB1不均一を克服し、デジタルコイルによりSNの高い画像を得ることができるようになった。今回は体幹部におけるMRI検査について述べさせてもらう。

RadFan2013年5月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る