乳腺における光超音波について

category:要旨
2012.11.27

乳腺における光超音波について
市立岸和田市民病院外科
鍛 利幸
 
 癌組織内血管密度や酸素化状態を非侵襲的に画像化できる光超音波マンモグラフィ(PAM)を乳癌の臨床に応用した。PAMによる乳癌の同定率は74%で、術前薬物療法で腫瘍が縮小した症例や非浸潤性乳管癌でも同定可能であった。PAMが新しい乳癌診断法として有用である可能性が示唆された。
 
RadFan2012年12月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る