Read-out segmented echo planar imaging(RESOLVE)を用いた新しい拡散強調画像の有用性

category:要旨
2012.08.30

Read-out segmented echo planar imaging(RESOLVE)を用いた新しい拡散強調画像の有用性
地方独立行政法人大阪府立病院機構
大阪府立成人病センター放射線診断科
立石宗一郎

 近年のMRI装置の高性能化と撮像技術の改良に伴い多様なシーケンスが普及し、臨床応用が急速に進んできている。中でも拡散強調MRIは臨床現場では欠かす事のできない撮像法となりつつある。しかし画像歪みを主とする数々の問題点があり、RESOLVEを使用する事でこれらの改善が見られた。

このページの先頭へ戻る