当院における3D ASLの活用方法

category:要旨
2012.05.01

当院における3D ASLの活用方法
水上慎也(北里大学病院放射線部)

 Arterial Spin Labeling(ASL)は動脈血を磁気的に標識(ラベリング)して脳灌流情報を取得する手法
である。本法は技術的な進歩により臨床で広く使用されるようになってきた。今回は3D ASL の活用方
法、特に撮像条件や画像表示を中心に当院で行っている工夫を紹介する。

このページの先頭へ戻る