GEヘルスケア・ジャパン、ポケットサイズの超音波診断装置「Vscan」がグッドデザイン金賞を受賞~「新たな社会的、人間的価値を創出した」との高い評価を獲得~

2011.11.10
「Vscan」
 GEヘルスケア・ジャパン(株)が販売するポケットサイズの超音波診断装置「Vscan(ヴィースキャン)」が11月9日、本年度のグッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)に選出された。
 昨年10月1日に国内販売を開始した本製品は、最小・最軽量が特徴の超音波診断装置。どこへでも持ち運べる手軽さと片手で扱える操作性に加え、在宅や僻地など多彩な医療ニーズに応える臨床性能を兼ね揃えた装置となっている。デザイン面では、重さ約390gと小型で軽量、プローブ(探触子)にも軽量化を施したほか、本体に接続するケーブルも薄型で柔軟性の高いものを採用している。バッテリー駆動による可搬性に加えて、ディスプレイの開閉による素早いオン・オフやダイヤルキーの採用など、片手で扱えるシンプルな操作性を実現し、使い勝手が良い。加えて先端的な技術を用いた半導体チップの採用で、高性能ながら低消費電力も実現している。
 グッドデザイン賞審査委員は、本製品が災害時など緊急時の医療現場などで役立つことが大いに期待される点、本製品デザインが医療の現場で新たな社会的・人間的価値を創出した点などを評価した。
 金賞受賞に際し、同社代表取締役社長兼CEOの川上 潤氏は、「Vscanがこのたび当社初となる金賞を受賞したことを大変嬉しく光栄に感じております。審査委員の皆様から『医療関係者、生活者双方の新たな社会的、人間的価値を創出した』とのご評価をいただきましたが、検査室での使用という従来の医療機器の概念を覆す斬新なデザインのVscanはまさにこれまでの医療の提供のされ方を変革し、これからの超高齢社会でますます重要性が増す『プライマリケア』分野を中心に新たな価値をもたらすことのできる製品だと自負しております。当社は今後もエジソンの時代から続いてきた想像力のDNAをさらに磨き上げ、機能とデザインを高い次元で融合させた幅広い医療ソリューションを開発することで、世界の困難な医療課題の解決を目指す『ヘルシーマジネーション』の推進を図ってまいります」とコメントした。

●お問い合わせ先
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
TEL: 0120-202-021
URL:http://japan.gehealthcare.com/cwcjapan/static/rad/us/vscan/index2.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る