島津製作所、デジタル式回診用X線撮影装置の新製品を発売

2011.05.31

島津製作所は、X線撮影が必要な場所に装置を移動させて、その場で検査が行える充電式のデジタル式回診用X線撮影装置で、搭載している可搬型のフラットパネルディテクタ(FPD:平面検出器)をワイヤレスにして、一層スムーズな撮影が行える新製品(商品名:MobileDaRt Evolution(モバイルダート エボリューション))を発売した。院内回診用途だけでなく、救急、災害時対策、感染症対策としても威力を発揮するとして、従来から注目のシリーズへの新ラインナップである。すでに、海外を中心に、受注、引き合いが活発で、好調なスタートを切っている。今後、拡販を進め、国内外でのさらなるシェアアップを図るつもりだ。

新製品は、FPDと本体をつなぐケーブルを無くした「ワイヤレスFPD」により、患者とFPDの撮影ポジショニング(位置あわせの作業)が、一層スムーズに行うことができる。医療スタッフのワークフローが大幅に向上するとともに、患者の負担も軽くなる。さらに、ケーブルが無くFPD全体をカバーで覆うことができるため、より衛生的であり、感染症対策が必要な場所での使用にも最適だ。
また、新製品の本体デザインは、白鳥をイメージしたオリジナルデザインと、検査を受ける子どもや大人にも、安心感や癒しを与える動物キャラクターデザインから選択できる。

当社のデジタル式回診用X線撮影装置は、X線撮影室以外の病室や、集中治療室など、X線撮影が必要な場所に装置を移動させて撮影が行えるだけでなく、X線撮影の直後(3秒後)に本体モニタで画像確認ができることから、救急医療の現場、地震などの災害時対策、新型インフルエンザなどの感染症対策としても注目され、導入が進んでいる。

本シリーズ発売当初から、本体の総重量が420kgでありながら、パワーアシスト制御により、女性スタッフでも静かに軽快に負担なく移動できることなどから、走行性、即時性、操作性、利便性において高い評価を受け、すでに国内外で800台以上を納入している(姉妹品のアナログタイプと合わせると、国内外で5000台以上を納入)。中でも北米では、デジタル式のシェアは30%を超え、評価機関による調査でも、昨年、ユーザー満足度でトップの評価を得ている。
【新製品の特長】
1.ワイヤレスFPDで、医療スタッフも患者も、負担が軽減
FPDと本体をつなぐケーブルを無くした「ワイヤレスFPD」により、患者とFPDの位置あわせの作業が一層スムーズに行うことができる。ケーブルが無くFPD全体をカバーで覆うことが可能なため、清潔を保持しやすく、感染症対応などでの使用に最適である。

2.撮影3秒後に本体モニタで画像確認ができ、迅速な処置が可能
X線撮影後わずか3秒で、本体の15インチモニタに画像を表示できる。処置に必要な情報がすぐに得られ、迅速な対応が可能である。FPDは、125μmの画素ピッチ、約950万画素で、高精細画像を実現できる。さらに撮影スピードが速く(最大32kW出力)、姿勢を保ちにくい小児や、救急搬送された患者の場合でも、ブレの少ないシャープな画像を得ることが可能である。

3.女性スタッフでも軽快に移動できる、抜群の走行性
ハンドルを軽く押せばスムーズに動き始め、方向転換も軽々行える。走行音も小さく、静かに軽快に移動できるため、夜間も快適に使用できる。走行時に注意音を鳴らすことも可能である。

4.スムーズな操作を支援する便利な機能、安心機能を充実
X線管を備えた最長1200mmの超ロングアームで広範囲をカバーし、微妙な位置あわせも素早く無理なく行えるなど、利便性を高める各種機能を充実させている。本体ハードディスクには3500画像を保存でき、万一のバッテリー残量低下にも応急的に撮影できる追加撮影機能など、安心機能も充実している。
【商品の概要】
商 品 名 回診用X線撮影装置
「MobileDaRt Evolution(モバイルダート エボリューション)」
本体サイズ 全幅580mm 全長1220mm 総重量420kg
FPDサイズ 384(W) × 460(H) × 15(D)mm 重量3.4kg
価   格 125,000千円
発売後1年間の
販売予定数 80台(国内外で)
【製造販売認証番号】
220ABBZX00229000 移動型デジタル式汎用X線診断装置
[回診用X線撮影装置MobileDaRt Evolution]

回診用X線撮影装置 MobileDaRt Evolution(モバイルダート エボリューション) / 右:動物キャラクタータイプ/div>

●お問い合わせ
(株)島津製作所
医用販売促進グループ
TEL:075-823-1271
URL:http://www.med.shimadzu.co.jp/index.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る