オブジェットジオメトリーズ、3Dプリンタに革新をもたらす新材料を発表

産業用プラスチックのシミュレーションに利用できるABSライク材料、あらゆる用途に利用できる純透明材料、白い硬質材料の提供を開始

2011.05.27

 Objet Geometries(以下、オブジェット)は、5月18日、日本市場向けにABS産業用プラスチックをシミュレーションすることを目的に作られた「Objet ABSライクデジタルマテリアル(RGD5160-DM)」、純透明材料の「Objet VeroClear」の新材料の提供と、Objet Veroシリーズ材料の「Objet VeroWhitePlus」の対応機種を新たに追加することを発表した。

 これにより、Objetの3Dプリンタで利用できる材料は、51種類のデジタルマテリアル(複合材料)を含む65種類になった。これらの新材料の登場で、透明、色付き、不透明、軟質、硬質、耐熱、強靭という、それぞれの特性を持つ多様な材料を利用することができるようになり、製品形状の確認から高機能テストまで、より幅広い目的の製品検証およびシミュレーション等に3Dプリンタを活用できるようになった。

 「Objet ABSライクデジタルマテリアル」は、優れた耐衝撃性(65-80J/m)と高耐熱性(摂氏65度、熱処理後は摂氏90度)を備えた材料で、スナップフィット部、耐久性が必要な可動部、落下試験が必要な製品など、ABSレベルの産業用プラスチック製品の機能をシミュレーションするメーカーやエンジニアに最適の製品である。
 純透明材料の「Objet VeroClear」は、光学的かつ視覚的な透明性に加えて、優れた寸法安定性を実現した。これにより、デザイナーは、照明ケース、レンズ、化粧品の容器などのガラスに近い用途で、PMMA(ポリメタクリル酸メチル樹脂)などの、透明な熱可塑性物質の視覚的シミュレーションに使用することができる。

 また、デスクトップ型3DプリンタのObjetシリーズ向けに発表された多目的材料「Objet VeroWhitePlus」が、プロ仕様の3Dプリンタである「Objet Edenシリーズ」と、複数の材料を利用してモデルを造形する3Dプリンタの「Objet Connexシリーズ」で利用できるようになった。寸法安定性の高さを特長とするObjet VeroWhitePlusは、さまざまな業界で、適合試験や形状試験、設計モデルの確認に最適な材料である。

 ドイツに本拠地を構える出力センターSchroeterの社長であるMaximilian Loezel氏は、同社の自動車業界の顧客における新材料のパフォーマンスについて、次のように述べている。 「ABSライク材料と純透明材料は、我々のような自動車業界に携わる開発者が探し求めていたもので、コンセプトカー等のラピッドプロトタイピングに不可欠です。耐熱性、強靭性、屈曲性を併せ持つABSライク樹脂は、アウトドア利用でのシミュレーションに最適です。また、自動車照明の革新的な開発が進んでいる中で、新しい純透明材料を利用することで、導光板、ランプ、ディスプレイパネルなど、アクリルガラス製の最終部品をシミュレーションできるようになります」。

 Volke Entwicklungsring GmbHのCAD/CAMラピッドプロトタイピング部門長であるMichael Rückner氏は、次のように述べている。「当社では、最新技術を使用することを最優先しています。Objet Connex500で新しいデジタルマテリアルを使用できるようになったことで、ABSライクの部品製造を最大50%速めることができます」。

 英国の出力センター会社であるIPFでラピッドプロトタイピング部門長を務めるGaryMiller氏は、次のように述べている。「Objet VeroClear材料は、特に家電製品の分野において、非常に大きな可能性を秘めていると思います。同材料を使ったベータ試験を通して、電子機器向けの透明スクリーン、ケース、筐体を製造し、素晴らしい成果を収めることができました。新透明材料の活用による検証で、ケースや筐体の中にあるLED光が見やすくなりました。Objetは、製造サイクルを劇的に短縮するだけでなく、他の技術にはない優れたメリットを与えてくれます。このような成果をもたらしてくれる企業は、他にないと思います」。

<提供開始時期および対応3Dプリンタについて>

 18日に発表した新材料はすべて、18日より提供を開始する。
 Objet ABSライク材料のRGD5160-DMは、Objet Connex500複合材料噴射3Dプリンタで利用できる。
Objet VeroClearは、Objet ConnexおよびObjet EdenVで利用できる。
デスクトップ型3DプリンタのObjetシリーズ向け材料のObjet VeroWhitePlusが、新たにObjet ConnexとObjet Edenで利用可能になった。
 なお、既存のユーザは、Objet 3Dプリンタにアップグレードキットをインストールすることで新材料が利用できる。

●お問い合わせ先(認定販売代理店)
アルテック(株)
東京都新宿区荒木町13-4住友不動産四谷ビル3階
電 話03-5363-3005
FAX 03-5363-0945
URL:http://www.altech.co.jp/

(株)ファソテック
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンB棟21階
電話043-212-3302
FAX 043-212-3305
URL:http://www.fasotec.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る