日本ヒューレット・パッカード、リアルタイム分析DBソフトウェア「HP Vertica Analytics Platform」の販売を強化 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

日本ヒューレット・パッカード、リアルタイム分析DBソフトウェア「HP Vertica Analytics Platform」の販売を強化

2012.12.19

 日本ヒューレット・パッカード(株)(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:小出伸一)は12月19日、米国ヒューレット・パッカード社の買収によって子会社となっていた米国Vertica社がヒューレット・パッカードのセールスオペレーションに統合されたことを発表した。あわせて、データウェアハウス(DWH)向けに特化したリアルタイム分析データベース(DB)ソフトウェア「HP Vertica Analytics Platform 6.1」(以下、HP Vertica)を発表した。日本ヒューレット・パッカード(株)では、ソフトウェア事業部門にVertica事業本部を設立するとともに、本製品を「HP BladeSystem c3000」にバンドルしたスターターキットを用意してHP Vertica 6.1の販売推進に努め、業務データ分析からビッグデータによる近未来分析まで、幅広い顧客のDWH/BI導入を支援する。

 昨今、企業の扱うデータ量は急激に増加し続けており、これらの膨大なデータをリアルタイムに分析し、いかにビジネスにつなげていくかが重要な経営課題となりつつある。また、現状の業務分析においても、データ量の肥大化にともない、分析処理のレスポンス向上やリニアな拡張性が求められているが、従来型DWHシステムでは、こうしたデータ分析ニーズに対応しきれていないのが現状。

 そこで今回、日本ヒューレット・パッカード(株)では、顧客が抱えるデータ分析における様々な課題を解決するため、DWH向けのリアルタイム分析DBソフトウェア「HP Vertica」の提供を開始する。「HP Vertica」は、データベースの列ごとに処理を行う列指向のDBエンジンにより、ディスクI/Oとメモリ量を大幅に削減し、分析速度の高速化を実現する。また、独自のデータ圧縮機能によって、従来のDWHシステムに比べ50~90%のデータ圧縮が可能となり、物理ストレージの容量削減にも貢献できる。

 また、「HP Vertica」は、超並列アーキテクチャーに対応しており、Linuxをインストールした、業界標準のx86 サーバを並列接続するだけで、リニアに性能拡張することが可能。容量課金のライセンスモデルを採用しているため、ノード追加によるライセンス料は発生することがなく、コストパフォーマンスにも優れている。さらに、各サーバーノードに最大2つのレプリカを保持することができ、サーバーノードがダウンした場合でも、継続してサービスを実行可能。このほか、データベースチューニングを自動化する「Database Designer」を提供し、システム管理者の運用負荷を軽減するとともに、ビジネスに結びつくデータ分析業務の推進を支援する。

 HP Vertica Analytics Platform 6.1
 HP Vertica Analytics Platform 6.1は、分析関数の強化、パフォーマンスの改善、Hadoopとの統合の拡張(VerticaからHDFS上に配置されたファイルを直接読み込み可能)、Amazon E2Cクラウドへの配備の簡素化により、企業によるBig Dataの活用と収益化を可能する。

 なお、「HP Vertica」の発表にあわせて、本製品の導入拡大を推進するため、ブレードシステムやBIソフトウェアと組み合わせたスターターキットをラインアップする。このスターターキットは、「HP BladeSystem c3000」に、「HP Vertica」、マイクロストラテジーのBIソフトウェアをバンドルし、最少構成価格999万円で提供される。

●お問い合わせ先
日本ヒューレット・パッカード(株)
TEL:03-5628-1101
URL:http://www8.hp.com/jp/ja/home.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る