フィリップス、生体情報モニタlntellivueシリーズの新モジュール「lntell ivue TCG10」経皮ガス測定モジュールを発売

2012.02.01
「lntellivue TCG10」経皮ガス測定モジュール
 (株)フィリップスエレクトロニクスジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:
ダユー・リスバーグ、以下フィリップス)は、2月1日より、生体情報モニタlntellivueシリーズの新モジュールとして、「lntellivue TCG10 (インテリビュー・ティーシージーテン)」経皮ガス測定モジュールの販売を開始することを発表した。 

 この「lntell ivue TCG10」は、経皮的にtcp02(経皮酸素分圧)およびtcpC02(経皮二酸化炭素分圧)を測定するモジュールで、主にNICU(新生児集中治療室)で使用される。「lntell ivue TCG10」は、日本をはじめ世界各国のNICUなどの急性期部門、手術室などで高いシェアを有するフィリップス社製生体情報モニタ「lntellivue MX シリーズ」、および「lntell ivue MP シリーズ」の上位機種*1と互換性を有している。

●主な特長
・lntell ivue TCG10 は校正ユニットを含めて一体型。
・タッチスクリーンを採用した直観的なユーザーインターフェースの生体情報モニタ  lntellivue上で簡単に操作ができる。

●lntellivue TCG10」のメリット
・経皮ガスパラメータのみならず、生体情報モニタlntellivueで測定される様々なパラメータを一元的に管理・表示することにより、医療従事者の思考過程をサポートする。
・生体情報モニタlntellivueで測定される様々なパラメータと組み合わせることにより、トレントグラフやOxyCRGの表示が可能。
・生体情報モニタlntellivueで測定される他のパラメータ同様、経皮ガスパラメータをスドレスなく電子カルテヘ送信することができる。

*1「lntell ivue MP40」以上の機種

 「lntellivue TCG10 」経皮ガス測定モジュールの希望販売価格は200万円で(税込、仕様により異なる)、国内初年度の販売目標台数は約100台を見込んでいる。

 (株)フィリップスエレクトロニクスジャパン代表取締役社長ダユー・リスパークは、 「フィリップスはlntellivueシリーズの信頼と実績により、NICUなど新生児領域における生体情報モニタのマーケットで全世界的に高いシェアを誇っています。今回、新たに『lntellivue TCG10』経皮ガス測定モジュールを導入することにより、フィリップスは新生児医療により貢献していきたいと思います」と述べている。

●お問い合わせ
(株)フィリップスエレクトロニクスジャパン
ヘルスケア事業部 お客様窓口
TEL: 0120-556-494
URL:http://www.philips.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る