syngo.via

syngo.viaは、画像診断ワークフローを大きく変える可能性を有する新しいコンセプトに基づいた画期的なソフトウェアです。新しいsyngoプラットフォームによってハードウェアとソフトウェアを極めて高い次元で統合し、「膨大なボリュームデータでも自動最適処理技術によってスピーディに活用できる“Auto processing”」、「快適で思いのままの読影を可能にする“Any time, Anywhere”」「すべてのモダリティとの“Accessibility”」、という3つを特徴として、既存のインフラを利用して、これを追加するだけで、画像診断ワークフローの高度な最適化を図ることが可能になります。

このページの先頭へ戻る