SPECT検査の今:CaceReport02:藤田保健衛生大学病院:ドパミントランスポーターイメージ(健常者)

Satellite View~Canon Special Session : SPECT検査の今 Archives
2015.02.26

■GCA-9300R Imaging -藤田保健衛生大学病院での症例
 
■ドパミントランスポーターイメージ(健常者)

 

収集・処理条件
投与量: 123I-Ioflupane 167MBq(検定)
コリメータ: FANHR(高分解能ファンビームコリメータ)
回転半径: 132mm
収集モード: ダイナミックSPECT収集
収集時間: 30分(90秒/ビュー、90ビュー、4サイクル・5リピート)
再構成法: FBP再構成
散乱線補正: TEW法
減弱補正: Interative Chang(全自動輪郭抽出)
表示スライス厚: 5.16(1.72mm x 3)
 
 
(本記事は、RadFan2014年11月号付録からの転載です)
 
 
▲本文に戻る

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る