SPECT検査の今:CaceReport01:昭和大学病院:ドパミントランスポーター

Satellite View~Canon Special Session : SPECT検査の今 Archives
2015.02.26

■GCA-9300R Imaging -昭和大学病院での症例
 
■ドパミントランスポーター

 

■収集条件
SPECT収集

Matrix Size:128×128
Zoom:×1.00
Rotation:120
Number of views:30
R-Mode:Continuous
Phase:1
Repeat:8
Cycle:1
Peak:159 KeV ± 20 %
Sub-Window:Upper 7 % 、Lower 7 %
Collimator:Fanbeam(N2)
Radius:13.2 cm
Pixel size:1.7 mm
Acq.mode:Dynamic SPECT
Acq.Angle:4 degree
Acq.Time:3.5min×8rotation(28min)
使用放射性医薬品: Time/cycle:210 sec 123I-Ioflupane 167MBq
 
 
■処理条件
Reconstruction:OSEM(Ite.4 subset 15)
Pre filter: Butterworth 0.76 cycles/cm
Scatter Correction:non
Attenuation Correction :non
Fanpara変換フィルタ:non
画像スライス厚: 2 pixel (pixel size:1.72 mm/pixel)
 
 
(本記事は、RadFan2014年11月号付録からの転載です)
 
 
▲本文に戻る

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る