富士フイルムメディカル

製品情報

その他

持続除菌環境清拭材「Hydro Ag+アルコールスプレー・クロス」

http://fms.fujifilm.co.jp

 富士フイルムの抗菌技術により除菌効果が長く持続し、院内感染対策に有用な持続除菌環境清拭材「Hydro Ag+アルコールスプレー・クロス」を紹介する。
アルコール溶液中に銀系抗菌剤と室温で硬化する超親水ポリマーが安定的に分散されており、本製品を使用すると、対象物がアルコール除菌されるとともに、対象物の表面に銀系抗菌剤を含む超親水コーティング層が形成され、アルコールが蒸発した後も長期にわたり持続的に微生物の繁殖を抑えることができる。
医療や介護の現場などにおける環境清拭に利用いただくことで、感染症対策業務に大きく貢献する。

Hydro Ag+アルコールスプレー・クロス

X線装置

CALNEO AQROの「手術用ガーゼの認識機能」

http://fms.fujifilm.co.jp

 軽量移動型デジタルX線撮影装置「FUJIFILM DR CALNEO AQRO」※1のオプションとしてAI技術※2を用いて開発した“手術用ガーゼの認識機能” ※3は手術において最も体内遺残件数の多いガーゼの可能性がある陰影をX線画像中から認識し、その位置をマーキングする機能である。
外科手術では、一般的に、使用したガーゼが術後に体内に残っていないかを確認するために、手術前後にガーゼの数を数えて、カウント数が一致しているかを確認する。
術後には手術室内で使用できる移動型のX線撮影装置で撮影したX線画像を目視で確認し、ガーゼ遺残の有無を確認する。
術後のガーゼ遺残は重大な事故であり、合併症や感染等のリスクがあることから、本機能が広く利用されガーゼの遺残防止に貢献することを期待する。

手術用ガーゼの認識機能によるガーゼ陰影のマーキング
FUJIFILM DR CALNEO AQRO

※1 販売名:富士フイルム DR-XD 1000 認証番号:第228ABBZX00132000号
※2 導入後に自動的にシステムの性能や精度が変化することはない。
※3 「 FUJIFILM DR CALNEO AQRO」のオプション機能。すべてのガーゼの認識を保証するものではありません。X線画像の目視を含めた総合的な最終確認が必要。

X線装置

一般X線撮影間接変換FPD装置 「FUJIFILM DR CALNEO Flow」

http://fms.fujifilm.co.jp

「FUJIFILM DR CALNEO Flow」※1は、X 線を読み取るセンサーパネルに軽量な薄型フィルムTFT基板を採用し、当社画像読取技術ISS※2方式と組み合わせて軽量化と高画質化を実現した一般X線撮影間接変換FPD装置である。
14×17インチ、17×17インチの2種類のサイズと、GOS、CsIの2種類の蛍光体の計4機種をラインアップし、GOSシリーズの14×17インチサイズは約1.8kg(バッテリを除く)で、当社CRカセッテ(約2.0kg)より軽量化を実現した軽量モデル。
CsIシリーズのDQEは、58%(1Lp/mm・1mR)を達成した高画質モデルである。

FUJIFILM DR CALNEO Flow G47
薄型フィルムTFT基板

※1 販売名:デジタルラジオグラフィ DR-ID1800 認証番号:第302ABBZX00021000号
※2 Irradiation Side Samplingの略。従来型のFPDと反対側のX線照射面側にセンサーを配置し、  
X線の照射面側よりX線から変換された光信号を読み取る当社方式。

ブースインフォメーション

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る