RSNA2019 Now on Report!@三谷英範先生(広島大学病院 放射線診断科)Part3

RSNA2019 Report : RSNA2019 Now on Report!
2019.12.06

Capability of a New Model-Based Iterative Reconstruction for Brain CT to Diagnose Acute Ischemic Stroke: Multicenter Study
・Monday 3:30-3:40 PM | SSE06-04 | Room: E353A

 自分の発表報告で恐縮ですが、報告させていただきます。
 急性期脳梗塞にMBIRを用いた検討です。ざっくり申しますと、発症から24時間以内の急性期脳梗塞はhybrid IRよりもMBIRの方が放射線科医による視覚的評価も病変のContrast-Noise-Ratioも良い結果であったというものです。
 MBIRを用いると特に皮髄境界のコントラストがはっきりするため、急性期脳梗塞が同定しやすくなると考えています。読影実験を行なっている最中ですので、結果が纏まり次第また報告いたします。
 やはり再構成にかかる時間について会場から質問がありましたが、頭部のみですと2分かからないぐらいですので、救急の現場においてもそれほど差し支えない範囲かと思っています。

 

 
 こちらの写真はブルズの本拠地ユナイテッドセンター。ダウンタウンからタクシーで20分ほどで行けます。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る