Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2019.php on line 117

Critical Care Suite

RSNA2019 Report :
2019.12.05

 撮影時に気胸が何%あるか患者の状態を迅速に特定し、診断画像からトリアージの情報がPACSによっては優先的に送信されるようになっている。臨床的なクオリティチェック、方向があっているか、ポジショニングの情報、プロトコルがあっているかなどの確認もAIで行える。

 AIが実装された形でトリアージができる装置は世界初だという。AI単独のソフトウェアでFDAを取得した例はあるが、現場で判断できるような機能が実装された装置でFDAを取得したのは初である。現在、日本では未承認とのこと。一般撮影だけではなく、臨床的な現場でサポートする点に期待が寄せられる。
 

 

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る