Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2019.php on line 117

Revolution Maxima

RSNA2019 Report :
2019.12.05

 Edison Platformで開発された次世代ワークフローを可能にした最新鋭CT。

 Revolution Maximaは最新のフルデジタル検出機のハードウェア・逐次近似画像再構成法ASiR-V等最新のソフトウェアを採用し、これからの医療環境が変化にも対応できるべく開発されたCTだ。AIを搭載した3Dカメラを採用したことで、またCT検査で課題の検査工程のワークフローを改善し、高品質な検査を提供している。

 また胸部CT検査時にはポジショニングのずれが95%の頻度で発生していると報告されているが、同機を活用することで、患者一人ひとりに最適なポジショニングを自動で計画し、最も効果的なCT検査を実現する。

 

検査効率を大幅に上げることを目的に搭載されたもので、患者サイドでプロトコール設定など簡単にできる。

 

 3DカメラにはAIが搭載されているので、頭部などの撮影部位で、基準点を装置が自動で設定するので診療放射線技師は撮影に専念できる。
 他社のものとは違い三次元で認識しているため、基準点はをAIを活用し、ボタン1つでテーブルが勝手に移動していくというものだ。

 

患者サイドでも確認できる小型モニター。ワークフロー改善には欠かせない。

 

Revolution Maximaに搭載されている新型管球。
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る