RSNA2018 Now on Report!@板谷春佑先生(手稲渓仁会病院) part1

RSNA2018 Report : RSNA2018 Now on Report!
2018.11.26

現地時間26日のレポートさせていただきます。
初日ともあってあまり人がいなかったらしいです。
Dual Energy CTのセッションを見てきました。様々な演題がありました。やはり世界のRSNAともあってstudyが新しくものすごく刺激さらにアイデアをもらいました。
中でも実践!という演題がありました。Areal Bone Mineral Density Estimation Using Dual-Energy Computed Tomography Topogramsという演題で、Dual energy CTの位置決め画像から骨塩定量を試みるという内容で、腰椎の骨塩はDEXAと比較してR=0.9ほどの精度で行えていました。従来のフラットパネルDEXAを凌駕するかもしれないアイデアで、この技術は実装されるとCT検査のついでに骨塩定量まで行ってしまうというアドバンテージを秘めていました。スキャン方式の問題はDual source CTとDual layer CTで行えていた(異なる演題)のでおそらくすべてのメーカーでできる可能性を秘めています。
この技術が発展すれば、将来体重を患者に聞かなくても体格をオートで抽出し、造影剤量を自動決定してくれる可能性があるかと思います。1日の検査が多い当院ではスループット向上さらに検査の質+再現性の向上してくれれば非常にありがたい技術かなと思いました。
以上です。初日のレポートでした。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る