Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2018.php on line 117

EPIQ

RSNA2018 Report :
2018.11.26

 同社の誇る、超音波診断装置EPIQ。
 開発チームが力を入れた、nSIGHTイメージングアーキテクチャは、今までにないアプローチが採用され、妥協のない超音波画像を形成することに成功した。音響ラインごとに画像を形成する従来のシステムとは異なり、nSIGHTはピクセルレベルまで詳細化して最適な解像度の画像を作成している。
 さらにEPIQは、使いやすさやワークフローを最大限考慮した設計になっており、人間工学、可搬性などの面からもよく考えられており、高度な操作性を実現した。また、解析機能の自動化も可能にしており、より客観性の高い検査が行えるようになった。

EPIQ

AI Breast機能

  AI Breast機能は、乳房スクリーニング検査を目的に考えられた最新機能である。特にワークフローを効率化することにより検査時間を短縮し、さらに検査に客観性を持たせることを目的に開発されている。トランスジューサの位置が認識されているので、プローブマークの位置は自動で追従され、手作業で位置、角度を変更する従来の方法と比較して簡便で客観的な検査を実現する。

AI Breast
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る