RSNA2018 Now on Report!@檜垣 徹先生(広島大学)part1

RSNA2018 Report : RSNA2018 Now on Report!
2018.11.26

あいにくの空模様のなか、本日よりRSNA会期が始まりました。いろいろなセッションや展示を見て回りましたが、本日一番気になったのはGE社の新しいCTの展示です。現行のフラッグシップCTであるRevolutionCTのさらに進化版であるRevolution Apexは、X線管や画像再構成法が刷新された装置です。これまでは体格の大きな対象で不足がちだったX線出力を補うことのできる大容量の管球を搭載しており、次世代のdual-energy CTやさらなる高速回転も視野に入れた設計となっているそうです。また、画像再構成法として深層学習によるノイズの低減や画質の向上を組み込んだDeep Learning Image Reconstruction (DLIR)が新たに発表されました。DLIRでは、高線量で撮影した様々なデータを教師画像としてDCNNをトレーニングしたことで、ノイズの多い画像からでも高画質の再構成画像が得られるという再構成法です。一足先に製品化されたキヤノンメディカスシステムズ社のAiCEと類似したコンセプトであり、今後は様々なCTメーカーからリリースされることになりそうです。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る