エキスパートがお届け!!Site of RSNA@中根 淳先生(埼玉医科大学総合医療センター中央放射線部) Part1

RSNA2017 Report : エキスパートがお届け!!Site of RSNA
2017.11.28

Cinematic Rendering of Pancreatic Masses: Can 3D Texture Maps Aid in Lesion Detection and Discrimination? Preliminary Observations and Opportunities


 私が気になっていたCinematic Rendering(CR)に関する教育ポスターである。このポスターでは、膵管腺癌(PDAC)が、最も一般的なタイプの膵臓新生物であり、米国における癌死の3番目の一般的原因であることに着目し、この分野にCRの画像診断が付加価値を見いだせる可能性を従来のグレースケール画像と比較していた。従来の横断像のイメージングは、膵腫瘍の検出と病期診断の精度は、診療放射線技師の画像技術と経験に大きく依存すると背景で触れていた。CT装置のオートマチックが進む中、日本ではこのようなことはないと思うが・・・、海外では深刻な問題なのだろうか?CRの画像では、膵臓の微妙なテクスチャ変化を、背景の膵実質と比較して強調すること、奥行きを持つ画像により視覚的に細かい内部中隔および壁の結節性の改善を改善しえることにより、解剖学的な詳細や複雑な解剖学的構造をより正確に描写する可能性があるとしていた。実際のポスターでは、従来の3DであるVolume renderingと比べてとても精細なコントラストの変化を画像化していることが実感できた。今後、CRは、血管の解剖学的把握のみならず、2Dの画像診断のサポートにも役立つ可能性を感じた。


中根1
ポスター展示会場

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る