Warning: Use of undefined constant wp_reset_postdata - assumed 'wp_reset_postdata' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medical-watch/newsticker.php on line 11

SIGNA Architect

RSNA2017 Report : 公開前
2017.11.24

国内薬機法未承認の3T装置。国際磁気共鳴医学会(ISMRM)で発表された「Discovery MR750w 3.0T」の上位機種で、「Discovery MR750w 3.0T」の有用性の1つでもあった臨床のみではなく研究としても用いられる点をさらに高めた。ガントリ開口径は70cm。コイルで受信した信号はすぐにアナログからデジタルに変換され、画像形成までをフルデジタルで行っている。これにより、ノイズやひずみによる画像への影響を低減している。さらに、最大128チャンネルまでの収集を可能とした。


SIGNA Architect
装置の操作はこちらで可能。
オペレータコンソール。

左右に振れるので、装置の左右どちらからでも画面を真正面から見れる。
画面上で、撮影室内にいながらも撮影条件の確認が可能。