Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2016.php on line 117

SOMATOM Drive

RSNA2016 Report :
2016.11.29

 ECRで発表した同社のハイエンドデュアルソースCT装置。コンセプトは同社装置「SOMATOM Force」と同じく、低管電圧撮影で被ばくを低減し、造影剤量も減らせること。SOMATOM Forceから搭載している「Tin filter」により一般撮影と同等の低線量で撮影できる。時間分解能も高いため、心臓撮影にも最適。ガントリも78cmで大口径。また、広範囲の高速撮影が可能であるため、胸部から恥骨結合までも瞬時に撮影できる。

IMG_3213

操作部分にはタッチパネルを採用。心臓撮影の際に貼る心電図電極の位置もタッチパネル画面上で確認できる。

IMG_3174
ガントリの両サイドに固定されているタッチパネル。心電図電極の位置が確認できる画面。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る