Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2016.php on line 117

syngo.via

RSNA2016 Report :
2016.11.28

syngo.via」にマンモグラフィの新しいソフトウェアが2つ搭載された。1つ目は、トモシンセシスのデータから合成2D画像の作成を可能としたこと、2つ目は、ボリュームデータのような画像表示を実現。この表示画像を回転して観察すると、乳腺に重なった石灰化も画像の観察方向を変えることで、石灰化の存在を確認しやすくなる。これは、トモシンセシス撮像時に管球の振り角が50°と、広範囲でデータを収集している同社だからこそ、高分解能で実現できている。
マンモIMG_3212-001

左からトモシンセシス画像、2D画像、トモシンセシスから合成した2D画像、ボリュームデータ表示

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る