RSNA2016 必見演題 Check it out!@岡田真広先生(琉球大学医学部附属病院放射線科)

RSNA2016 Report : 今年はコレ!!必見演題
2016.11.22

① Radiotherapy for Liver Cancer and Post-RT Evaluation of Response
DATE: Sunday
TIME: 10:45-12:15 PM
Code: SPIO11D
Location: E353C

【コメント】
HCCに対する放射線治療後の肝実質変化とHCC再発の識別、放射線治療語の肝画像診断について学ぶことができる。

② Failure of Liver MR Elastography: What Are the Predictive Factors?
DATE: Sunday
TIME: 11:35-11:45 AM
Code: SSA09-06
Location: E450B

【コメント】
多数のMagnetic resonance elastography (MRE)検査から技術的な画像データ不良に注目した演題で1.5Tと3.0Tの比較では3.0Tが技術的に難しいことがわかる。

③ Evaluation of Hepatic Metabolite Changes for Differentiation between Non-alcoholic Steatohepatitis and Simple Hepatic Steatosis using Long Echo-time Proton Magnetic Resonance Spectroscopy
DATE: Sunday
TIME: 1:00-1:30 PM
Code: GI350-SD-SUB2
Location: GI Community, Learning Center Station #2

【コメント】
Non-alcoholic steatohepatitis (NASH)と通常脂肪肝とをpoint-resolved spectroscopy (PRESS) sequenceを用いてproton magnetic resonance spectroscopy(1H-MRS)をlong echo-time (TE)で得て、識別に役立てられるのではないかという演題。

④ Detection of Residual Hepatocellular Carcinoma after Locoregional Treatment by MRI: A Comparative Study between Extracellular Gadolinium and Gadoxetic Acid
DATE: Monday
TIME: 3:10-3:20 PM
Code: SSE09-02
Location: E350

【コメント】
HCCのLocoregional therapy (LRT)後の効果判定を行う場合に細胞外液性であるGd造影剤と肝細胞特異性造影剤であるEOBとどちらがよいかを比較した研究。

⑤ Combined Hepatocellular Carcinoma-cholangiocarcinoma: Clinicopathologic Features and Gadoxetic Acid-enhanced MRI Findings
DATE: Tuesday
TIME: 12:45-1:15 PM
Code: GI385-SD-TUB7
Location: GI Community, Learning Center Station #7

【コメント】
Combined hepatocellular carcinoma-cholangiocarcinoma (cHCC-CC)に関するEOB-MRIの画像所見について学ぶことができる。overall survivalに影響しているのは動脈濃染であることがわかる。

⑥ Gd-EOB-DTPA-Enhanced MR Relaxometry for the Detection and Staging of Liver Fibrosis
DATE: Tuesday
TIME: 3:10-3:20 PM
Code: SSJ09-02
Location: E353C

【コメント】
EOB-MRIを用いた肝線維化のstagingにおいてT1 relaxometryが有効であることを示している。

⑦ CT Perfusion of Colorectal Cancer: Impact of 4D Volume Coverage on Quantitative Analysis
DATE: Wednesday
TIME: 11:00-11:10 AM
Code: SSK06-04
Location: E353A

【コメント】
大腸癌患者における4-dimensional(4D)-volume modeを用いた評価で、2-dimensional regions of interest (2D-ROI) と3-dimensional volumes of interest (3D-VOI)の比較をしている。両者の有意差はないものの、3D-VOI analysis はintra- and inter-observer consistencyを改善している。

⑧ Usefulness of Oxygen Inhalation in Patients with a Prior Episode of Arterial Phase Motion Associated with Gadoxetate Disodium: Intraindividual Comparison of Sequential Studies
DATE: Thursday
TIME: 11:00-11:10 AM
Code: SSQ06-04
Location: E350

【コメント】
一時的な激しい動きを生じる患者に対して肝ダイナミックMRI検査を行う場合、酸素吸入(2L/min)をすることで定性的に評価した画像アーチファクトが有意に低減されることを示しており一回勝負の動脈相取得では有効と思われる。

⑨ LI-RADS Overview: Current Status and Future Directions
DATE: Thursday
TIME: 8:30-10:00 AM
Code: RC629A
Location: 402AB

【コメント】
アメリカから提唱されているLiver Imaging Reporting and Data System (LI-RADS)についての講演で概要を知ることができる。LI-RADSはOnline resources により ACR LI-RADS websiteから利用できる。

⑩ How to Screen and Diagnose HCC: American, Asian, and European Guidelines; Why are They Different and What are the Consequences?
DATE: Friday
TIME: 8:30-9:30 AM
Code: SPHT61A
Location: E253BCD

【コメント】
Amercian Association for the Study of Liver Disease (AASLD)、European Association for the Study of the Liver (EASL)、Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)、Japanese Society of Hepatology (JSH)といったHCCの画像診断におけるガイドラインについて学ぶことができる。

⑪ Quantitative Assessment of Tissue Perfusion in HCC and Liver Cirrhosis
DATE: Friday
TIME: 9:45-10:45 AM |
Code: SPHT62C
Location: E253BCD

【コメント】
肝実質やHCCにおけるPerfusionについて学ぶことができる。韓国からの豊富なデータに基づいた講演により、MRI、CTを用いた最新の定量評価を知ることができる。

⑫ Contrast US for HCC
DATE: Friday
TIME: 9:45-10:45 AM |
Code: SPHT62D
Location: E253BCD

【コメント】
HCCの診断におけるSonazoid を用いた造影超音波検査(CEUS)の有用性について述べ、CEUS施行時のテクニック(Re-injection)についても述べる。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る