RSNA 2014 おすすめ演題@横山博一先生(日本医療大学)

RSNA2014 Report : おすすめ演題
2014.11.19
Share (facebook)

RSNA2014 「おすすめ演題」について
横山博一先生(日本医療大学)にお答えいただきました。
 
 
【CT】Cardiac (Cardiovascular Disease)
1)
Predictive Value of Coronary Artery Lumen Area Quantification for Prediction of Hemodynamically Relevant Coronary Stenosis by Computed Tomography (CT) Angiography
DATE:Sunday
TIME:10:45 – 10:55 AM
LOCATION: S504AB
【コメント】
最近CTでFFRの評価をする論文などがみられるが、この発表は冠動脈内腔の面積により冠動脈狭窄の偽陽性評価は、重症病変において感度が著しく低い値を示している中、MLAの追加検討では正診率が高くなる可能性があり、再灌流の指針としてまた予測として、MLAの定量を検討している。この発表はCTの分解能にまで考えた発表と思われる。

 
2)
Diagnostic Evaluation of Prosthetic Valve Dysfunction by Multi-Detector Cardiac Computed Tomography Using Intraoperative Findings as Gold Standard
DATE:Monday
TIME:10:40 – 10:50 AM
LOCATION: S502AB
【コメント】
弁置換された人工弁が機能不全になった患者に対して、MDCTによって評価する発表である。21症例についてRe-DOの所見と対比して高い相関を示し、従来不可能であったCTによるpannusの評価も合わせて、外来レベルでMDCTがフォローアップとして確立されている。
 
3)
Low kV MDCT Angiography for Transcatheter Aortic Valve Implantation (TAVI) Planning: Image Quality and Radiation Dose Exposure
DATE:Tuesday
TIME:11:10 – 11:20 AM
LOCATION: S504AB
【コメント】
日本でもようやく認可され、これから各施設で期待されているTAVIの術前評価(弁)にMDCTが導入されてその際、低電圧(100KV)を使用して画質と被ばく低減の評価を行った。日本でも80~100KVが従来の120KVと比較して遜色ない画質を維持し、約2/3の被ばく低減になっている。
 
4)
Controversy Session: Predicting Outcome with Cardiac CT – Which Is Best?
DATE:Thursday
TIME:7:15 – 8:15 AM
LOCATION: E451A
【コメント】
Calcium Scoring、Coronary CT Angiography、Myocardial Perfusion、Fractional Flow Reserve CTの4つの評価が将来の予測(心事故)を知るうえで、どれが最適な評価法なのかを述べ、ガイドラインへの指針を考える。
 
5)
Reduction of Beam Hardening Artifacts for Coronary Stent by using the Cardiac Spectral Imaging at Various Heart Rates: An In Vitro Study
DATE:Thursday
TIME:12:15 – 12:45 PM
LOCATION: CA Community, Learning Center
Station #7
【コメント】
CTによるステントのin-stentや、再狭窄評価についてはまだ確立されていない。この確立されていない原因の一つにステントからのビームハードニングが挙げられ、これがPPVを下げる原因であり最悪、検査がうまくいかないことにもなってしまう。CT搭載の検出器により仮想単色スペクトル(VMS)画像がビームハードニングの減弱することが期待されている。目的は各心拍数により、またそれぞれ異なったVMSが、どの程度ビームハードニングの減弱を可能であるかという発表であり、結果として80KeV以上の実効線量で著明な減弱があった。
 
 
【3D-Printing】
6)
3D Printing: A Powerful Tool for Applied Imaging Science
DATE:Tuesday
TIME:8:30 – 10:00 AM
LOCATION: N226
【コメント】
一昨年あたりから一般にも普及し始めた3Dプリンターの、医療に応用して治療をはじめ、術前の検査、シミュレーション等についてその可能性を述べる。
 
 
【MRI】
7)
Rapid Acquisition Axial and Coronal T2 HASTE MR in the Evaluation of Acute Abdominal Pain
DATE:Tuesday
TIME:10:30 – 10:40 AM
LOCATION: E352
【コメント】
60歳以下で急性腹症の患者に対して、初回か若しくはエコー後のフォローアップ後に、非造影のT2 HASTEと急速収集をおこなった。468症例中349例で所見なし、116例で何らかの所見あり、虫垂炎はじめ腹部の疾病に実用的な検査法である。
 
8)
Emerging Breast Imaging Strategies
DATE:Wednesday
TIME:8:30 – 10:00 AM
LOCATION: S504CD
【コメント】
Diffuse Optical Spectroscopy of Breast Cancer、 Contrast Enhanced Mammography and Tomosynthesis、High Resolution Dynamic Contrast Enhanced Breast MRI、乳房画像について上記の検査法の利点と適応性について述べ、最新のマンモ画像に迫る。
 
9)
Hemodynamic Assessment of Pulmonary Artery on Smokers with 3.0T Phase-contrast MR Imaging: Initial Experience
DATE:Wednesday
TIME:12:15 – 12:45 PM
LOCATION: CA Community, Learning Center
Station #7
【コメント】
喫煙者の肺動脈血流のPhase-contrast MR 3.0T画像の初期経験。
peak positive velocity、average flow、average positive flow、膨張度について喫煙者と非喫煙者の血流(肺動脈部位)について評価を行った。その結果average flow、average positive flowについて喫煙者については、明らかに非喫煙者より低い値を示し、一方peak positive velocityと膨張度については明らかな差は出なかった。これによりPhase-contrast MR画像は、肺動脈の血流速度について喫煙者の指針となり得る所見を得た。
 
 
【CT】
10)
Evaluation of Vascular Images Using with MDCT (Multi Detector Computed Tomography) Reconstructed by Multi-Phase Volume Interpolation Technology
DATE:Wednesday
TIME:12:15 – 12:45 PM
LOCATION: VI Community, Learning Center
Station #3
【コメント】
今回小生が発表するポスターで、新しいアプリを利用してMDCTによる血流の評価をCFD image(数値流体力学画像)との比較を行った。

Share (facebook)
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る