Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2013.php on line 117

Invenia ABUS

RSNA2013 Report :
2013.12.09

RSNA2012で発表されたsomo・vの第二世代となるABUSがInvenia ABUSである(FDA承認済み、薬事未承認)。
コンパクトな外観デザイン、信号処理技術、プローブなどハードウエアを一新している。
 

Invenia ABUS

 
プローブは乳房の形に合わせ、窪み・丸みを持った形状となっている。
信号処理技術も大幅に向上し、somo・vの1.5倍以上早く、高精度な検査を実現できるようになった。
 

プローブ

 
日本人に特に多くみられるデンスブレストは、マンモグラフィでは石灰化や腫瘍の診断が困難というだけでなく、乳癌のリスクも高いことが知られている。
そのため、デンスブレストの診断には超音波検査が有用性を発揮するが、検査者の手技・経験によるばらつきが従来の超音波検査の大きな課題であった。

自動的に乳房をスキャンしてボリュームデータを取得するABUSは、検査結果の標準化・均一化の意義も大きく、従来の断層像だけでなく平行断面(Cプレーン)を診ることもできる。
 
本装置は、専用ワークステーションとセットで販売される。
検査で得られた画像はすぐにInvenia ABUS Workstation上で観察することができる。
 

専用ワークステーション
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る