Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2013.php on line 117

Centricity Clinical Archive(CCA)

RSNA2013 Report :
2013.12.09

院内の医療情報を一元管理し、医療情報を共有するためのPatient Infomation Viewer。
紹介状、心電図、写真など、Non-DICOMのあらゆる医療情報を本システムで一元管理する。
本システムはIHE-XDS(Cross-Enterprise Document Sharing:施設間データ共有の統合プロファイル)ベースで構築されている。
 

Centricity Clinical Archive

マトリックス表示された画面で、時系列および各種項目をサムネイル表示している。
 

マトリックス表示画面

 
特に優れているのがフィルタ機能。抽出表示したい項目、条件を自由に設定し、ワンボタンで表示の絞り込みを行うことができる。
 

フィルタリング表示中は患者名のバーの表示色が変わる

 

フィルタ条件を自由に設定できる。フィルタボタンは最大5つはツールバーに表示でき、
それ以上はマウスオンで表示される。

 
なお、Centricity Universal Viewerも最新バージョン5.0 SP4が発表された。
よく使う機能や表示を自動学習するスマート・リーディング・プロトコルや、2Dと3D画像の同時表示機能などに定評があり、日本でも2013年3月にリリースしている。
RSNA2013で公開されたバージョンでは、マンモグラフィ用WS「IDI」や核医学検査用WS「Xeleris」との連携機能が新たに搭載されている。
本ビューアから3D 画像の表示や高度な画像解析といった、それぞれのWSの機能を活用することができるようになった。
 

Centricity Universal Viewer、最新バージョン5.0 SP4
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る