Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2013.php on line 117

最新アプリケーション 静音機構Quiet Suite/肝臓領域の各種シーケンス

RSNA2013 Report :
2013.12.06

1.静音機構Quiet Suite
 
 同社MRIにおいては、静音化を実現する新しいアプリケーション「PETRA」、「QuietX」がRSNA2013において発表され、Quiet Suiteとして音を体験するコーナーが設けられていた。
 

体験コーナー

 
公式ページにて音声が体験できる。
http://www.healthcare.siemens.com/magnetic-resonance-imaging/mri-technologies/mri-design/mr-quiet
 
 清音化を実現する新しいアプリケーション「QuietX」と「PETRA」。これらの総称がQuiet Suiteである。
 QuietXは従来の検査と比較して最大70%の騒音低減を実現するアプリケーション。すべてのシーケンスに組み合わせて使用できる点が大きな特長である。 PETRAは、Ultra short TEの技術をベースに開発されており、通常の検査と比較して、約93%の騒音をカットすることができる。対応シーケンスは3D-T1WI。
 これらの静音機構は、次のソフトウェアバージョンで導入が可能で、MAGNETOM Skyra、MAGNETOM Aera等での搭載が予定されている(実装時期は未定)。
 
 RSNA2013では、Quiet Suiteの音を体験するコーナーが設けられており、これに関連して、乳幼児用の頭頸部16chコイルも展示されていた。専用の保育器で、患児を安静状態のままコイルにセッティングし、 Quiet Suiteと組み合わせ、小児に優しい検査を実現するコンセプトを提案していた。
 

小児用コイル

 
 
2.肝臓領域の各種シーケンス
 
 近年では肝臓検査における診断ガイドラインが整備され、読影においても定量化・標準化が強く打ち出されている。このような変化をふまえ、体幹部、 特に肝臓のMRI検査にフォーカスした、定量化を実現する新たなシーケンスが展示されていた。
 
 TWIST-VIBEは、高分解能を維持したまま、1フェーズあたり2.5秒の高速撮像を 可能にする。20秒間に13、4フェーズの撮像が可能で、造影の真のピークを見ることができ、ウォッシュアウトのタイミングの把握も可能になる。
 

TWIST-VIBE

 
 StarVIBEは呼吸時の体動によるアーチファクトを除去するシーケンス。自由呼吸下でも腹部検査を行うことが可能となる。呼吸同期を行うことができない患者においても高度な画像診断を実現できるようになることが期待される。
 

StarVIBE

 
LiverLabは、肝臓のボリューム及びセグメンテーションの自動計測と、脂肪と鉄分の定量評価を自動的に行いカラー表示する機能。
 

LiverLab
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る