Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2013.php on line 117

iIR for CT Perfusion (WIP)

RSNA2013 Report :
2013.12.04

 image-based Iterative Reconstructionの略。しばしばその高い被ばく線量が問題となる多時相での撮影が必要なCT Perfusion検査における被ばく低減を念頭に開発が進められている。逐次近似画像再構成の技術を応用することにより低線量CT撮像で診断能の高い画像を得ることができる。Perfusionを目的として経時的に撮影されたダイナミック画像を順投影することにより投影データを作成しノイズモデルを作成する。ノイズモデルを参照しながら再度画像を再構成することにより、時間分解能を劣化させることなく、高精度にノイズを低減することを可能とする。使用する画像がCT装置側の逐次近似画像再構成によって得られている場合においても応用可能なため、その場合はさらなる被ばく線量の低減が期待できる。

iIR for CT Perfusion (WIP)
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る