Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2013.php on line 117

Discovery IGS740

RSNA2013 Report :
2013.12.03

Discovery IGS740は40×40センチの大型FPDを有するハイエンドクラス血管撮影装置。
最新鋭のレーザーガイド技術をもとに自動で任意の位置に自走可能な点が特徴。管球とディテクタの焦点距離が広いワイドボアCアームを搭載。
 

Discovery IGS740

 
 

IVR、特に腹部領域では1センチでも大きな術野を確保することが望まれている。こうしたニーズに応えるべく、同社のDiscovery IGS730に搭載されたパネル(30×30センチ)を40×40センチに拡大した。DSA撮影はもちろん、コーンビームCTライクによるCTライクイメージも非常に広い視野を撮影することができる。
低被ばくにも力を入れ、従来より最大10~15%の線量低減を実現した。
 

大型モニター。上部の小さいディスプレイは術者の被曝管理システム

 
 

天井シーリングフリーは従来の機種から継承し、装置自体を自走させることで床置き式、天吊り式双方の利点を有している。
 

天井シーリングフリー

 
装置上部で回転する位置ガイドレーザー照射部と、室内に張り巡らされたセンサーで、ガントリー位置を常に検出。そこから、ベッドを中心に最初に設定した17の位置に自動移動させ、位置決めが可能。フレキシブルな動きで術者をサポートする。
 

位置ガイドレーザー照射部と、室内に張り巡らされたセンサー

 
 

 

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る