Vue(ケアストリームヘルス社製PACS)

2011.11.30

ケアストリームVue PACSではRISもビューワもレポートシステムも、すべてオールインワンで提供されている。
複数検査の画像を、異なるモダリティ含め2D画像のみならず、MPRやVR画像を容易にシンクロ表示でき、同一患者の過去画像との比較がしやすく読影効率の向上を実現する。

Lesion Managements & Measurements Follow-upは、ワンクリックで病変をセグメンテーションし、過去との比較結果を示してくれるアプリケーション。今回画像の下に過去画像が表示された状態で上部の該当ボタンをクリックするだけで、病変を3次元的に解析してを示す。

3次元的に解析して数値を割り出した結果、前回よりも悪化していれば赤色、良くなっていれば緑色と一目でわかりやすく結果を表示してくれる。

Lesion Managements & Measurements Follow-upは肺、肝臓、脳について解析が可能である。

マルチモダリティ対応のVueは、超音波診断装置における計測数値(DICOM SR)を自動でレポートに取り込むインターフェースをはじめ、今後さらに新しい機能が搭載される予定である。

このページの先頭へ戻る