Radnext PLUS(日立メディコ社製FPD)

2011.11.29

新しい一般撮影FPDシステム。X線高電圧発生器とFPDのコンソールを一体化したオールインワンコンソールで、操作の簡便化と省スペース化を実現する。

FPDはフルサイズとカセッテサイズの2つがあり、多様なニーズに対応可能。画像処理は最高機種のRadnext αのFPD専用画像処理エンジン「FAiCEα」を採用しており、あらゆる部位で安定した画像を得ることができる。

世界で初めて、ワンハンドで操作可能なX線管保持装置を実現。片手で2つのボタンを押すなどの操作も容易になっている。

また、支柱旋回電磁ロック機構で任意の旋回位置で固定できることや、自然な配置のスイッチで楽な姿勢で操作できることも特徴の一つである。さらに静音設計により、静かな検査空間を保つ。

このページの先頭へ戻る