日立メディコ

RSNA2011公式WEBサイトブースマップ South Building – Hall A : 5600

  • 日立メディコブースインフォメーション

    MRI装置

    1.5テスラ超電導型MRI装置New ECHELON(日本薬事未承認)を世界で初公開している。
    New ECHELONは、1.5テスラのフラッグシップモデルとなる高性能MRI装置です。新開発のオーバルボアシステムと、寝台の薄型ワイド天板により、快適な撮像空間を実現した。また、肩などのオフセンター撮像のセッティングが容易になるなど、従来の装置ではできなかった姿勢での撮像が可能である。

    超音波装置

    日立アロカメディカル社の「ProSound F75(プロサウンドF75)」は、検査者が無理のない姿勢で検査でき、その負担を軽減する、安全・安心な装置として評価され2011年度「第41回機械工業デザイン賞」の「審査委員会特別賞」を受賞した。

    CT装置

    64列マルチスライスCT装置「SCENARIA(シナリア)」は、0.35秒/回転の高速スキャンで、心臓だけでなく胸部、腹部を含む全身の撮影を実現するとともに最新のX線被ばく低減技術を搭載し、高速撮影・高画質・低被ばくを実現した高性能CT装置である。

    X線装置

    一般撮影FPDシステム「New Radnext」は多様な撮影部位に対応するため、きわめて広いダイナミックレンジをもつ一般撮影専用FPDを採用し、さらに独自の画像最適化技術により高画質を提供できる。また、一般撮影のワークフローを一新し、一般撮影の効率を向上させている。

    担当者からひとこと

    “Embracing Life through Innovation”を展示テーマに日立メディコグループ製品のほか、陽子線治療装置、データストレージソリューションなど日立グループのトップ技術を中心に、社会イノベーション事業の一つであるヘルスケア事業全体をご紹介しています。
    私どもは、“Embracing Life”~いのちを慈しむ~ という医療の原点を見つめ、最新の画像診断技術の提供を通じて “Innovation”~新しい可能性~ を追求してまいります。

    株式会社日立メディコ
    情報コミュニケーション本部
    本部長 久芳 明

    South Building – Hall A : 5600

  • 日立メディコ-製品速報


MRI

ECHELON OVAL(日立メディコ社製MRI)

RSNA2011でヴェールを脱いだ新しい1.5T MRI。快適な検査空間、検査時間の短縮を実現し、高性能ハードウェア、高機能アプリケーションによって質の高い検査を提供する。

まず快適な検査空間として1番の特徴が楕円形のワイドボアである。高さ方向65cm、横方向74cmという世界初のボアサイズで、従来の円形では干渉しやすかった肩の干渉を防げる形状となっている。

楕円形になったことで高さ方向に短くなったわけではない。脊椎用コイルと天板の薄型化によって、高さ方向にも拡張している。従来天板の上に出ていた脊椎コイルが、このように天板とフラットになるように埋め込まれる形になっている。

また、被検者情報を確認できるモニタがボアの上についており、操作室と撮影室を行き来せずとも被検者情報を確認できるため、検査スループットの向上が期待できる。

その他、アプリケーションも充実しており、高い画質を実現する。国内薬事未承認。

X線

Radnext PLUS(日立メディコ社製FPD)

新しい一般撮影FPDシステム。X線高電圧発生器とFPDのコンソールを一体化したオールインワンコンソールで、操作の簡便化と省スペース化を実現する。

FPDはフルサイズとカセッテサイズの2つがあり、多様なニーズに対応可能。画像処理は最高機種のRadnext αのFPD専用画像処理エンジン「FAiCEα」を採用しており、あらゆる部位で安定した画像を得ることができる。

世界で初めて、ワンハンドで操作可能なX線管保持装置を実現。片手で2つのボタンを押すなどの操作も容易になっている。

また、支柱旋回電磁ロック機構で任意の旋回位置で固定できることや、自然な配置のスイッチで楽な姿勢で操作できることも特徴の一つである。さらに静音設計により、静かな検査空間を保つ。

超音波

HI VISIONシリーズ、ProSoundシリーズ(日立メディコ社製超音波)

日立アロカメディカルとして初めて出展するRSNA2011。超音波診断装置コーナーは3つの領域に分けて、製品を展示していた。

MSK & Superficial Imagingゾーン(整形、表在領域)ではHI VISION Preirus、HI VISION Avius、ProSound F75を展示。リアルタイムに画像診断できる超音波診断装置は近年整形領域でも活用が進んでおり、硬さを可視化するReal-time Tissue Elastography(以下:エラスト)は、腱を診る際などに活用されているという。

Radiology & Interventional RadiologyゾーンではHI VISION Ascendus、HI VISION Preirus、ProSound F75、ProSound α6を展示。有用なアプリケーションとして肝エラストやReal-time Virtual Sonography(以下:RVS)が紹介された。
CTやMRI画像と超音波の画像を合わせて位置を確認できるRVSは、RFAの穿刺の際などに活用されている。

Women’s HealthcareゾーンにはHI VISION Preirus、HI VISION Avius、ProSound F75、ProSound α7の4機種。アプリケーションとしてはBreast Imagingにおいて、エラスト画像をリアルタイムで見ることができる4Dエラストが紹介されていた。また、CMUTプローブのMappieによって、従来よりも細部まで描出が可能になっていることが紹介されていた。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る