ケアストリームヘルス

RSNA2011公式WEBサイトブースマップ Lakeside Center – Hall D 1611

  • ケアストリームヘルス ブースインフォメーション

    【画像1】DRX-Revolution Mobile
    【画像2】DRX-Evolution
    【画像3】Vue Cloud-Based Services
    (1)お薦め製品情報:
    DRX-Revolution Mobile/DRX-Mobile Retrofit Kits (DRXモバイルタイプ)
    ケアストリームヘルスは、RSNA2011にてX線発生装置を組み込んだフラットパネルポータブル撮影装置(DRX-Revolution Mobile)を発表する。従来型装置ではベッドサイド周りで障害となっていたX線管球および支持アームを、完全に折り畳み可能なコンパクト設計となっている。また、病棟間の移動が非常に楽な操作性を実現した。併せて、従来型ポータブル撮影装置に組込み(Retrofit)可能なモバイルキットを用意。ポータブル撮影のフラットパネル化を全面的にサポートする。【画像1】

     

    DRX-Evolution (DRX据置タイプ)
    全世界で既に2,600台以上設置された世界初ワイヤレスフラットパネルディテクターDRX-1を組込んだX線発生装置DRX-Evolutionは、全自動、ハイブリッド、スタンダードの3種類のタイプを用意。お客様の撮影室レイアウト、ワークフロー、予算など様々なご要望にあわせて柔軟なシステム構成を組むことが可能。長尺撮影オプションを使用することで全ての一般撮影検査のDR化を可能とし、患者様の被曝線量低減をはじめ画質の向上、ワークフロー向上などに貢献できる。【画像2】

     

    Vue Cloud-Based Services (ビュー・クラウドサービス)
    Vender Neutral(PACSベンダーに依存しない)を基本とし、DICOM/Non-DICOM/XDSなどのデータをクラウド上にArchiveするサービスをはじめ、Reportingを含めたクラウド型PACSの提供、さらには、複数施設間を連携したクラウド型コミュニティを実現するためのソリューションとして、Cloud PortalやCloud Xchange(クラウド上でのデータ交換)機能を新たに搭載。RSNA2011にて、ケアストリームヘルスは、さらに進化したクラウド型サービスを提案する。【画像3】

     

     

    (2)基本情報:
    ○URL
    http://www.carestream.jp (日本語ページ)
    http://www.carestream.com (英語ページ)
    ○ブース
    Lakeside Center, Hall D 1611

     

     

    (3)ブース情報:
    ケアストリームヘルスは、“A Smarter way forward”をコンセプトに、「より快適で」、「より適切な方法で」、デジタル化の実現と将来展望をお客様に提案する。患者様ケア向上を前提とした、DRソリューションをはじめ、放射線部門領域を超えたデータのクラウド化ソリューションやデータの共有活用、さらにはマンモグラフィーや歯科分野におけるデジタル化ソリューションなど見どころ満載。学会期間中は、ポータブル撮影領域におけるCAD開発やマンモグラフィー画質向上に関する研究発表もある。


  • ケアストリームヘルス-製品速報


PACS

Vue(ケアストリームヘルス社製PACS)

ケアストリームVue PACSではRISもビューワもレポートシステムも、すべてオールインワンで提供されている。
複数検査の画像を、異なるモダリティ含め2D画像のみならず、MPRやVR画像を容易にシンクロ表示でき、同一患者の過去画像との比較がしやすく読影効率の向上を実現する。

Lesion Managements & Measurements Follow-upは、ワンクリックで病変をセグメンテーションし、過去との比較結果を示してくれるアプリケーション。今回画像の下に過去画像が表示された状態で上部の該当ボタンをクリックするだけで、病変を3次元的に解析してを示す。

3次元的に解析して数値を割り出した結果、前回よりも悪化していれば赤色、良くなっていれば緑色と一目でわかりやすく結果を表示してくれる。

Lesion Managements & Measurements Follow-upは肺、肝臓、脳について解析が可能である。

マルチモダリティ対応のVueは、超音波診断装置における計測数値(DICOM SR)を自動でレポートに取り込むインターフェースをはじめ、今後さらに新しい機能が搭載される予定である。

その他

Vue Cloud(ケアストリームヘルス社製クラウドサービス)

今回ヘアストリームヘルスが一番注力しているのはVue Cloudというクラウドサービス。「Vue」は従来のCarestream PACSから名称を変更したもので、PACS・RISとそれに付随するサービスについてVueという名称で提供していく。

同社は、すでに日本国内を含めて10のデータセンターを持っている。データをバックアップするアーカイブソリューションのみならず、データのシェア、コラボレーション、遠隔読影などを含めたソリューションを提供している。国内で初のガイドライン準拠のサービスとして提供されており、多数実績がある。ブースではこのCloudサービスに組み合わせて活用できる様々なアプリケーションも紹介されている。

iPadで画像閲覧ができる「Vue Motion」では、端末にソフトは不要でサーバから直接画像を呼び出して見ることができる。

「Patient Portal」では、施設間における患者紹介の際に可搬媒体なしに検査情報をやり取りすることが可能。紹介された患者について、紹介を受けた医師はメールで送られてくるリンクをクリックするだけで、ビューワが立ち上がり画像や所見を見ることができる。

さらにセカンドオピニオンとして他施設に送る場合にも、「Share Exam」により、どの範囲でデータを共有するか選択し、紹介先にメールで画像や所見を送信可能である。

X線

DRX Revolution(ケアストリームヘルス社製X線)

ケアストリームヘルスでは、DRX-1、DRX-1Cを搭載できる各製品を紹介しており、アップグレーザビリティの高さを示している。
DRX Recvolutionは、DRX-1、DRX-1Cを搭載できるX線診断装置の回診車。操作性が良く、軽くて扱いやすい回診車。

X線管球のコラム可動域が広く、下方まで下げることが可能であるため、視界を広く保つことができる。撮影した画像を確認できる大型の観察モニタが前面にある他、X線管球サイドにもモニタが付いており、撮影者にとって使い勝手の良い設計となっている。米国では来春頃発売予定、日本は発売未定。

DRX-TRANSPORTABLEは、持ち運び可能なX線撮影装置。このように専用のケースで入れて持ち運びができる。

ケースの蓋の内側にはこのようにタブレットPCがモニタとして入っており、FPDの下にX線受像部が収められている。

ケアストリームヘルスブースではこの他にもX線一般撮影装置など、DRXシリーズを使用して拡張できる製品の数々を展示している。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る