ziosoft/Qi Imaging 

RSNA2011公式WEBサイトブースマップ North Building-Hall B:7136

  • ziosoft/Qi Imagingブースインフォメーション

    ziosoft/Qi Imagingでは、基幹技術である「PhyZiodynamics」による新しい四次元の可視化アプローチにより腫瘍病変や臓器の動きを定量化し、更に進んだ診断支援をサポートするソリューションを紹介する。また、新たに搭載される予定のMR循環器領域の解析機能や、更に進化したワークフローに沿って自動領域分割を実行するCT肝臓体積計測等のziostation2のアプリケーション、また、院内や院外において目的や環境に応じて手段を選べる配信ソリューションを展示する。
    North Building – Hall B 7136

  • ziosoft/Qi Imaging―製品速報


ソフトウェア

PhyZiodynamics invivo(ziosoft/Qi Imaging社製ソフトウェア)

スーパーコンピューティングテクノロジーを利用した、高度かつ膨大な計算を超高速で行える、ziosoft独自の全く新しい基幹技術「PhyZiodynamics」。フェイズ間の連続性を補完し、自然な動態を表現するこの画像処理技術によって、臓器の動きを4次元を超えた次元でリアルタイムに表示させるシステムが“PhyZiodynamics invivo”である。

心臓、左房内の瘤の画像。拍動に合わせて瘤が動くため、通常のCTでは正確な観察ができなかった疾患の一つだが、PhyZiodynamics invivoで動画像として観察することで、拍動に合わせた瘤の動きが明瞭に分かる。

ソフトウェア

TAVI 術前プランニングソフトウェア(ziosoft/Qi Imaging社製ソフトウェア)

TAVI(Transcatheter aortic valve implantation:経カテーテル的大動脈弁置換術)の術前プランニングから術後のフォローアップまでの用途に合わせたアプリケーションソフト。順行法は鎖骨下動脈、逆行法は大腿動脈、経心尖部法は心尖部と、アプローチする部位にあわせた、手術計画を助ける計測機能をそろえている。米国では2012年上半期にリリース予定。

経心尖部法の場合であれば、カテーテルを刺入する位置と心尖部の距離や、心筋の厚み、心臓到達後に弁にアプローチするための角度などを簡便に表示できる。再現性の高い、使いやすいアプリケーションとなっている。

弁の動きもPhyZiodynamicsの技術によって滑らかな動態で表示することが可能。
置換する位置にROIを設定し動画再生すると、心臓の拍動に合わせて、ROIおよび弁の直径と面積のグラフが連動して表示されるため、弁の動きを観察しながら手術のイメージをつかむことが可能。また、弁置換術後のトラブルを早期に見つけるためのフォローアップにも役立つ。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る