CT肺野・気管支測定

2011.10.31

気管支径や壁厚などを計測する気管支解析機能と肺気腫の画像所見である低吸収領域(LAA/LAV)のボリューム計測を行う2つの機能を兼ね備えたソフトウェア。どちらもワンクリックで気管支の末梢、肺ボリューム、LAA、LAVまで自動抽出する。解析結果はVR表示されるので、患者の協力が不可欠なCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などのインフォームドコンセントにも有効に活用できる。

このページの先頭へ戻る