使い易さを追求した冠動脈解析ソフトウェア

2011.10.31

全自動解析の精度が大幅に向上し、画面レイアウトも読影及びレポーティング、画像保存など、目的に応じたレイアウトに改善された。CPRとVR、SlidingMIPなどとの連携の強化や、画像保存が1クリックとなったことで、日常ルーチンで行なわれる冠動脈解析のワークフローを改善する。

このページの先頭へ戻る