フィリップス、グローバルで展開するサステナビリティ活動:「SimplyHealthy@Schools」の一環として「バディスポーツフェスタ」での救急救命講習会をサポート

2011.11.01

 (株)フィリップス エレクトロニクスジャパンは、フィリップスが世界的な規模で取り組む長期的な社会貢献活動「SimplyHealthy@Schools(シンプリーヘルシーアットスクール)」プロジェクトの一環として、2011 年10 月29 日(土)に川崎市麻生区はるひ野で開催された「バディスポーツフェスタ」での救急救命講習会を、国士舘大学ウエルネス・リサーチセンターと協働でサポートした。
 「バディスポーツフェスタ」は、首都圏7 箇所に所在を置く「バディスポーツ幼児園」(代表:鈴木 威 氏)が一堂に会して年に1回行われる大運動会で、園児約400名、保護者約800名が集結する一大スポーツフェスタ。この「バディスポーツフェスタ」のプログラムの一環として、本救急救命講習会は執り行われた。
 国士舘大学体育学部スポーツ医科学科救急医学教授、田中秀治氏主導のもと、国士舘大学ウエルネス・リサーチセンターとフィリップス社員との協働で実施された本救急救命講習会は、バディスポーツ幼児園児、保護者、関係者など、総勢約1,200 名が参加する大規模なものとなったという。
 バディスポーツ幼児園は「健康で明るく伸びやかな子どもを、スポーツと保育を通じて育成する」ことを教育方針に掲げ、スポーツを中心とした独自の指導方針で、著名なスポーツ選手を多数輩出している幼児園。昨今、スポーツの現場での重要性・必要性が急速に見直されているAED(自動体外式除細動器)のキットを使用しての救急救命講習に、バディスポーツ幼児園の関係者一同は熱心に聞き入り、トレーニングに真剣に取り組んでいたという。
 同社代表取締役社長ダニー・リスバーグは、「当社の世界中の従業員が参加している『SimplyHealthy@Schools』プロジェクトを通じ、health and well-being のリーディングカンパニーとして、日本の子供たちの健康でやすらかな成長を応援していきたいと思います」と述べた。

こちらの記事の詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.newscenter.philips.com/jp_ja/standard/about/news/others/111031_budysports.wpd

■お問い合わせ
(株)フィリップスエレクトロニクスジャパン
広報部
TEL: 03-3740-4561
URL:http://www.philips.co.jp/

このページの先頭へ戻る