東ソーとバイオ医薬品市場向け事業で協業 東ソー製LC用カラムの販売と関連技術の共同開発で合意

2022.03.02

 株式会社島津製作所(本社:京都府京都市、代表取締役社長:上田 輝久)と東ソー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:桒田 守)は、バイオ・中分子(注1)等、新規モダリティ(注2)の医薬品市場向け製品の開発と日本国内における販売に関する協業を開始した。島津は、東ソー製の同市場に向けた液体クロマトグラフ(LC)用カラム(注3)の取り扱いを開始し、自社製のLCシステムと合わせて販売する。また両社は、島津製LCシステム、及び液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS)と、東ソー製LC用カラムを用いた関連技術の共同開発を進める。

 近年、医薬品業界では、抗体医薬品に代表されるバイオ医薬品や、ペプチド・オリゴ核酸を活用する中分子医薬品の開発が特に加速している。島津は、2022年2月3日にバイオ・中分子医薬品市場の課題解決に特化した高速液体クロマトグラフ「Nexera XS inert」を発売した(注4)。「Nexera XS inert」は、核酸医薬品等、金属に引き寄せられる性質のある化合物の吸着を抑えたLCシステムで、LCやLC/MS分析のデータの信頼性を一層向上させる。また島津製のシステム制御・データ解析用ソフトウェア「LabSolutions」は、優れた操作性や製薬規制対応を考慮した設計で好評をいただいている。

 一方LCやLC/MS分析では、分析サンプルを分離するためのカラムが必要。東ソーは、化学メーカーとしての高い技術を活かしたLC用カラムを製造・販売しており、特にバイオ医薬品市場に向けては、様々な分離に対応する「TSKgelシリーズ」の幅広いラインナップを有する(注5)。TSKgelシリーズはこの分野のゴールドスタンダードブランドのひとつとして広く支持されている。

 島津と東ソーは、LCシステムとLC用カラムでそれぞれ国内トップシェア(注6)を有する両社の強みを活かした協業により、バイオ・中分子医薬品市場のお客様にLC、LC/MS分析の最適なソリューションを提供する。具体的には、販売面と技術面で協力を進める。販売面では、島津は自社LCシステムと共に、お客様の課題解決に対応するTSKgelカラムを販売する。また両社の技術部門は、同市場向けのLCやLC/MSの新たな関連技術開発と情報発信を共同で行い、同業界における分析データの信頼性の向上と、医薬品開発の迅速化に貢献する。

(注1)中分子医薬品:分子量500~2000程度の分子を使った医薬品。

(注2)モダリティ:医薬品の様式や形態。

(注3)カラム:LCの分離を担う要の部品。多様な種類があり、分離したいものや量に応じて最適な種類を選択する。

(注4)https://www.shimadzu.co.jp/news/press/izwna50ilp_tlge6.html

(注5)https://www.separations.asia.tosohbioscience.com/productjp/columns

(注6)両社調べ(2022年2月時点)

島津製作所が担う役割

 当社は本協業においてLC分析およびLC/MS分析を実用化するためのLC・LC-MSシステムやソフトウェアの販売、並びに関連技術開発と情報発信を担う。またお客様のご要望に応じ、TSKgelカラムをLCシステムと共に販売する。当社は1972年に初めてLCを手掛けて以来、社是「科学技術で社会に貢献する」のもと、LC装置やソフトウェアの高性能化・高機能化だけでなく、最先端科学を取り入れた技術研究や、ライフサイエンス・食品・化学・環境・臨床など幅広い分野でアプリケーションを展開してきた。当社のLC技術・関連製品には、国内外のお客様から厚い信頼を頂いている。このたび当社のLC技術と東ソーの優れた分離技術を融合し、変化の著しいバイオ・中分子医薬品市場の新たな要求に応えていく。

東ソーが担う役割

 東ソーは本協業において、バイオ医薬品分野における主力製品のひとつであるTSKgelカラムの販売活動を島津と行うと共に、関連技術開発と情報発信を担う。東ソーは1971年に初めてLC用カラムの商品化に成功して以降、TSKgelの名称であらゆる分野のお客様の要求に応えるべく種々の分離モードのカラムを開発商品化してきた。近年はバイオ医薬品市場に向けた様々なカラムとアプリケーションを展開してきた。東ソー製カラムの品質は国内外のお客様から厚い信頼を頂いている。このたび東ソーの分離技術を島津の優れたLC技術と融合し、変化の著しいバイオ・中分子医薬品市場の新たな要求に応えていく。

製品写真:高速液体クロマトグラフ「Nexera XS inert」
製品写真:LCカラム「TSKgelシリーズ」

2022年3月1日