筑波大学から2基目の陽子線がん治療システムをPFI方式で受注

2021.11.22
[画像]完成予想図:新陽子線治療施設(左)・既存陽子線治療施設(右)
完成予想図:新陽子線治療施設(左)・既存陽子線治療施設(右)

 株式会社日立製作所(以下、日立)は、筑波大学から、陽子線がん治療システム一式と、新陽子線施設の設計・建設から運営・保守・維持管理などを含む、PFI方式*による陽子線施設整備運営事業を受注し、2021年9月30日に契約を締結した。新施設にはコンパクトな配置で、加速器一式と回転ガントリ治療室2室を備えた陽子線がん治療システムを納入する。2025年夏頃に治療開始予定で、その後20年間にわたり日立が運営を支援していく。
  本事業は、2001年に日立の陽子線治療システムを導入後、約20年が経過し老朽化が進んだため、新規に施設整備を実施するもので、新施設完成後、既存施設から移行する予定だ。既存の陽子線がん治療施設から、2基目を受注するのは、国内で初めてとなる。*PFI(Private Finance Initiative)方式:公共施設などの建設や運営、維持管理などを、民間の資金や経営能力、技術を活用して行う手法である。

背景と今後について

筑波大学では世界に先駆けて、1983年から陽子線加速器を用いたがん治療を実践していく。2001年に日立の陽子線治療システムを導入し、これまでに約6,000名のがん患者へ陽子線治療を提供している。今後、日立は、国内外を代表する放射線治療の研究・教育・臨床拠点としてさらなる発展をめざす筑波大学との強いパートナーシップのもと、新たな陽子線治療施設を整備する。また、小児がんや、肝臓や肺など呼吸に伴って移動する臓器の腫瘍(移動性腫瘍)などの治療技術について、共同で研究を進めていく。
  日立は本事業を推進することにより、子どもから高齢者にまで優しい治療や、治療後の患者のQoL(Quality of Life)の維持・向上などを支援する。また、粒子線がん治療システムのグローバル展開を加速させ、低侵襲ながん治療のさらなる発展に貢献していく。

粒子線がん治療について

粒子線がん治療は、放射線によるがん治療法の一つだ。水素の原子核や炭素イオンを加速器で光速の約70%に加速させ、腫瘍に集中して照射することでがんを治療するもので、水素の原子核を加速したものを陽子線、炭素イオンを加速したものを重粒子線という。治療に伴う痛みがほとんどなく、他の放射線治療に比べて副作用が少ないため、治療と社会生活の両立が可能であり、生活の質(QoL)を維持しつつ、がんを治療できる最先端の治療法として注目されている。

関連情報

日立の粒子線がん治療システムに関するホームページ

お問い合わせ先

株式会社日立製作所 ライフ事業統括本部 スマートセラピー本部 ヘルスケア事業部
放射線治療事業推進部 [担当:髙田、島田]
〒277-0871 千葉県柏市若柴226番地44中央141街区1