PCR検査を効率化する「電子カルテ接続ソフトウェア for AutoAmp」発売

2021.08.04

PCR検査を効率化する「電子カルテ接続ソフトウェア for AutoAmp」を発売
将来的には他社製品や公的システムとの連携も視野に

 

電子カルテ接続ソフトウェアと「遺伝子解析装置 AutoAmp」

島津製作所は8月4日に、新型コロナウイルス検出等のためのPCR検査を行う「遺伝子解析装置 AutoAmp」(2020年11月発売、以下「AutoAmp」)と当社製電子カルテシステム「SimCLINIC」を連携するオプションソフトウェア「電子カルテ接続ソフトウェア for AutoAmp」を発売した。

本ソフトウェアはPCR検査対象者の情報を電子カルテから自動送信することで、手作業による入力ミスや検体の取り違えを防ぎ、PCR検査業務を効率化する。

本ソフトウェアは「SimCLINIC」が送信する検査オーダーをもとに、検体情報のバーコードを自動で作成する。検査開始時に、医療従事者が検体容器に貼付したバーコードをリーダで読み取るだけで検体情報を「AutoAmp」に自動転送する。検査の流れに沿って自動的に検体情報が連携でき、手作業による入力ミスや検体の取り違えを防ぐ。

またPCR検査の結果は「SimCLINIC」に送信されるため、検査結果を印刷して診察室まで届ける手間を削減できる。

X線画像診断装置メーカーとして長年培ってきた画像データ管理ノウハウを活かして、2000年から電子カルテシステム「SimCLINIC」を主に国内のクリニック向けに販売し、2021年7月現在、累計約1000施設で利用している。

「SimCLINIC」と「AutoAmp」を組み合わせることで、PCR検査のミス防止と業務の効率化により、更なる検査体制拡充に貢献する。

また今後は、「AutoAmp」と他社製電子カルテシステム、検査ネットワークとの接続を可能にするとともに、海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)など公的システムとの連携も目指していく。

島津製作所は、感染者の情報を共有する社会的インフラの整備という社会課題に向けて引き続き取り組んでいく。


電子カルテシステム「SimCLINIC」画面イメージ

詳しい製品説明についてはこちら

 

お問い合わせ先

株式会社島津製作所
コーポレート・コミュニケーション部広報グループ
〒604-8511 京都市中京区西ノ京桑原町1
TEL:075-823-1110(会社) /FAX:075-823-1348