コニカミノルタグループ 、「AIの利活⽤に関する基本⽅針」策定

2021.06.11

コニカミノルタ株式会社(以下 コニカミノルタ)は、
よりよい社会を実現するAI(⼈⼯知能)の利活⽤を⽬指して、「コニカミノルタグループ AIの利活⽤に関する基本⽅針」を策定した。

コニカミノルタは、「Imaging to the People」を経営ビジョンに掲げ、「⼈間中⼼の⽣きがい追求」と「持続的な社会の実現」を⽬指している。その実現のために、製品・サービスや、研究開発、⽣産、販売といった事業活動において、AIの利活⽤を進めている。
⼀⽅で、AIの誤った利活⽤はプライバシー侵害や⼈権侵害などを始め、様々な問題を⽣じる。
そこで、コニカミノルタは、グローバルに事業を展開する企業として、⼈間中⼼のより良い社会を実現するAIの適正な利活⽤について⽅針を策定した。

<基本⽅針の項⽬>
・⼈々が⽣きがいを感じられる社会の実現
・安全/安⼼の確保
・公平性の尊重
・透明性の追求と説明責任
・ステークホルダーとの共創
・⼈財の育成
「コニカミノルタグループ AIの利活⽤に関する基本⽅針」
掲載サイト︓https://www.konicaminolta.jp/about/csr/use-of-ai.html

【コニカミノルタのAI利活⽤】
1.光学デバイスや画像センシング技術にIoTやAIを組合せた「画像IoT」
コニカミノルタは情報機器や医療機器の画像処理で⾼速化を追求してきた経験と、メーカーの強みを⽣かして、エッジ側 (組み込み機器やオンプレミスのサーバーなど) に、低消費電⼒で⾼速なAI機能を実装。「⼈物⾏動」カテゴリーにおける AI 技術では、静⽌画像からの⼈検知や2D姿勢推定において、認識精度の⾼さと⾼速処理の両⽴を実現し、次のように活⽤している。

介護施設向けサービス「HitomeQ(ヒトメク) ケアサポート」
介護施設の入居者居室の天井に取り付けたセンサーで入居者の行動を分析し、
起床離床、転倒転落などの行動を認識すると、介護スタッフのスマートフォンへ映像と共に通知する。

 

ランニングフォーム改善支援システム「Runalytic(ラナリティック)」
リアルタイムに走行姿勢を推定しランニングフォームを解析することで、市民ランナーのフォームを可視化し、改善を支援する。

 

ショッパー行動解析サービス「Go Insight」
店舗の天井カメラ画像から、ショッパーの属性、商品接触、滞在などの棚前行動をデータ化し、
データを分析することにより、消費者インサイトを推定する。

 

上記のようにコニカミノルタは、AIを利活用して多様な価値を創出し、人々が生きがいを感じられる社会づくりに貢献していく。
また、意図しないAIの作用により社会や人に悪影響を及ぼすことのないよう、安全性の確保を優先し、リスクに配慮した適用と運用に努めていく。

 

AIを利活用した研究開発・商品開発

コニカミノルタは、従来は膨大な実験や試作を必要としていた素材や機能性化学物質の開発にも、データサイエンスを活用した効率化や高度化を目指している。高分子複合材料の開発では、必要最低限の実験データを取り、AIを用いてそのデータと化学物質の構造や機能を掛け合わせる「マテリアルズ・インフォマティクス」を積極的に採り入れ、開発期間が大幅に短縮できることを立証した。

また、様々なソリューションの開発において、画像認識にディープラーニングなどの機械学習を活用している。医師の診断をサポートするための、胸部X線画像から鎖骨と肋骨の像を減弱させるソリューション開発では、画像の中から肋骨と鎖骨を認識させるために、独自のデータベースから機械学習を行った。

ディープラーニングなどの機械学習では、学習させる多くのサンプルデータが必要となる。コニカミノルタでは、それらのデータセットに対しても、個人情報の誤った利用や漏洩などが無いよう努める。また、データセットやそれを学習したAIがバイアスを持ちうることに留意し、社会に差別をもたらさないよう努めていく。

 

デジタル社員「イエヤス」と「リテラ」

コニカミノルタには、RPA(Robotic Process Automation)システムを使って自動化した業務をヒトに代わって実行する「デジタル社員」がいる。「RPA イエヤス」と名付けられたその社員は、ヒトの社員と同じように社員IDや各種システムIDを持っており、複数の職場を掛け持ちして自動化業務を行っている。また、Microsoft社のサービスを利用したチャットボット「リテラ」は、国内のコニカミノルタグループ従業員からのITサービスの問い合わせに、24時間365日いつでも対応している。さらに、生産現場で進められているデジタルマニュファクチャリングにおいても、データサイエンティストが現場に密着し、工程内でAIを利活用している。

このページの先頭へ戻る