東陽テクニカ社、PSP社とのシステム連携開始 整形外科デジタルプラニングツール「mediCAD」 医⽤画像管理システム(PACS)

2021.05.13

整形外科医の術前計画をさらに短時間で

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高野こうの 俊也としや 以下 東陽テクニカ社)と、PSP株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:八木 裕子、下 PSP社)が取り扱う医⽤画像管理システム(PACS1))「EV Insite net」は、東陽テクニカ社が取り扱う整形外科デジタルプランニングツール「mediCAD」がシステム連携を開始したと発表した。

この連携により、ユーザーはPSP社のシステムと東陽テクニカ社のツールを一体的に利⽤可能に。医師の術前計画で活⽤される「mediCAD」は、従来の方法でPACSと接続する場合、ツールの起動やレントゲン画像の取得に時間を要していた。だが、PACSとの一体的な利⽤が可能になることで、整形外科医が術前計画をより短時間で作成でき、医師の負担軽減に貢献していくだろう。

 

 

PSP社 「EV Insite net」について

「EV Insite net」は各診療科医や院内スタッフにわかりやすくやさしい医⽤画像管理システム(PACS)として、フィルムレス運⽤における画像管理の主軸を担うシステムだ。即時に画像表示ができ、拡大や過去比較も自在に行える。。

 

製品ページURL(医療従事者向け):https://www.psp.co.jp/sol_evn.html

PSP株式会社 Webサイト:https://www.psp.co.jp

 

東陽テクニカ 「mediCAD」について

「mediCAD」は2019年より東陽テクニカが国内販売を手掛けている、整形外科の術前計画を支援するソフトウェア。術前計画や整形外科における複雑な計測を簡単かつ正確に実施でき、従来の計画作成に必要な時間を削減することが可能。チュートリアル動画に従うだけで、人工関節置換術や骨切りなどの術前計画ワークフローに沿ったプランニングができる。人工関節置換術のプランニングでは、100社下上のインプラントメーカーの人工関節テンプレートデータに対応したライブラリから即座に目的のデータを選択でき、複雑なプランニングをサポートする豊富な機能を備えている。

販売名:整形外科デジタルプランニングツール 「mediCAD」

医療機器認証番号:303ADBZX00010000

製品ページURL :https://www.toyo.co.jp/medical/products/list/contents_type=2834 (医療従事者向け)

株式会社東陽テクニカ Webサイト:https://www.toyo.co.jp/

¹⁾ PACS Picture Archiving and Communication System

 

本記事へのお問合せは下記へ

株式会社東陽テクニカ 経営企画部マーケティング課

TEL:03-3279-0771(代表)

E-mail:marketing_pr@toyo.co.jp

このページの先頭へ戻る